コエンザイムQ10について知りたい!

コエンザイムQ10は脂質と一緒に摂るとよい?

コエンザイムQ10を摂るときは脂質と一緒に摂るのがおすすめです。
理由は、脂質と一緒に摂ると体内へ吸収しやすくなるためです。
仕組みについて詳しくご紹介します。

コエンザイムQ10は脂溶性

コエンザイムQ10は脂に溶けやすい

コエンザイムQ10は人間に必要な栄養素で、ビタミン様物質とも呼ばれています。
ビタミンやビタミン様物質には「水溶性」と「脂溶性」の2つのタイプがあります。
これは溶けやすさの性質を表したもので、水溶性は水に溶けやすく、脂溶性は脂に溶けやすい性質を持っていることを表します。

このうち、コエンザイムQ10は「脂溶性」に分類されています。

コエンザイムQ10は人の体で吸収しづらい

コエンザイムQ10は口から入って腸内で吸収されます。
しかし、実はその吸収率は悪く、口から入ったコエンザイムQ10量のうち6割は吸収されずにそのまま排泄されてしまいます。

コエンザイムQ10が吸収されにくい理由のひとつに、人間の体内環境とコエンザイムQ10の相性の悪さがあります。
みなさんもご存知のように、人間の体の約6割は水分でできています。
水分の多い体内では、脂溶性のコエンザイムQ10はうまく溶けることができず、吸収されにくくなってしまうのです。

コエンザイムQ10の摂り方について

コエンザイムQ10は脂で吸収されやすくなる

コエンザイムQ10を体に吸収させやすくする方法のひとつが「脂質と一緒に摂る」ことです。
脂溶性であるコエンザイムQ10の性質を利用して、脂質で溶かしながら体に吸収させようというわけです。

「コエンザイムQ10は脂質と一緒に摂るとよい」と言われるのもこのためです。

食事中または食事直後に摂ろう

「脂質と一緒に摂る」と聞くと、サラダ油やオリーブ油などで流し込むイメージがありますが、そうではありません。
脂質を含んだ食べ物と一緒に摂る方法で良いです。

例えば、食品からコエンザイムQ10を意識的に摂取したい場合は、脂質を多く含む食品であるオリーブオイルを使って調理したり、同じく脂質を多く含むお肉やナッツなどを加えたりするとよいです。
また、サプリメントのコエンザイムQ10を利用する場合なら、食事中や食事の直後に飲むようにすると、食事に含まれる脂質と一緒に摂ることができます。

水溶性に改良されたサプリメント

もともとコエンザイムQ10は脂溶性のビタミン様物質ですが、近年では研究が進み、吸収性が良くなるよう改良されたコエンザイムQ10も登場しています。

水溶性コエンザイムQ10もそのひとつ。
名前のとおり、水に溶けやすく改良されたコエンザイムQ10です。

従来のコエンザイムQ10とは違い、脂質と一緒に摂るよう意識する必要がありません。
体調管理のために脂質を抑えている人や、摂取するタイミングを選びたくない人におすすめです。


コエンザイムQ10は脂溶性のため、脂質と一緒に摂るのが基本です。
しかし、最近では摂り方を選ばない水溶性コエンザイムQ10も登場しています。
ライフスタイルや摂り方の好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。