コエンザイムQ10について知りたい!

コエンザイムQ10とは?

サプリメントや化粧品の成分として近年よく見聞きするようになった「コエンザイムQ10」ですが、具体的にはどんな成分なのでしょう?
コエンザイムQ10の基礎知識について解説します。

コエンザイムQ10と人の関係

人の細胞内に存在する

コエンザイムQ10は人が生きていくために欠かせない成分で、体内では心臓や肝臓といった臓器や、血液の中、そして細胞内にも含まれています

人間の体は約60兆個もの小さな細胞の集まりでできていることはよく知られています。
コエンザイムQ10はその細胞ひとつひとつの中に存在しています。

細胞の中にはミトコンドリアと呼ばれる小器官があり、人が活動するのに必要なエネルギーを作っています。
コエンザイムQ10はミトコンドリアと一緒になって、エネルギーを作り出す素になっているのです。

酸化型と還元型がある

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」の2種類があります。
このうち、人間の体内に多く存在しているのは還元型です。
例えば血中にあるコエンザイムQ10は約95%が還元型であることが分かっています。

ただし、これは還元型だけを選んで体内に取り入れているわけではありません。
食事などで酸化型と還元型を区別なく摂取したあと、酸化型は体内で還元型に変換してから活用されます。

加齢と共に減少する

もともと私たちの体内にあるコエンザイムQ10ですが、その量は年齢とともに減少することが分かっています。
表皮中のコエンザイムQ10では減少が20歳頃から始まり、40代では約8割、60代では約5割まで減ってしまいます。
そのため不足した分を外側から補っていくことが大切です。

コエンザイムQ10の働き

エネルギー生産

コエンザイムQ10の働きのひとつが、先にもご紹介したエネルギーの生産です。
運動するためだけのエネルギーだけではなく、内臓を動かしたり、傷ついた細胞をしたり、人が健やかに生きるために必要な全てのエネルギー生産に関わっています。

そのためコエンザイムQ10が不足すると、疲れやすくなったり臓器の働きが衰えて生活習慣病に繋がったりと、健康に悪影響を及ぼします。

抗酸化作用

コエンザイムQ10には抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、体内で発生した活性酸素を除去する働きのことです。

活性酸素はさまざまな要因で発生します。
例えば呼吸です。
呼吸で取り入れた酸素のうち最大5%が体内で活性化酸素に変わります。
この他にも、飲酒で摂取したアルコールを分解するときや、紫外線を浴びた時にも皮膚細胞内で活性酸素が発生します。

活性酸素は免疫力を上げるためにも必要なものですが、増えすぎると健康な細胞までも攻撃してダメージを与えてしまいます。
この細胞へのダメージが老化に繋がるのです。

そのため、コエンザイムQ10は老化を予防するアンチエイジング成分としても注目されています。

コエンザイムQ10の摂取方法

体内で生産される

コエンザイムQ10は人間の体内でも生産することができます。
アミノ酸の一種であるチロシンと、メバロン酸という成分などから合成されています。
血中のコエンザイムQ10量では、約6割が体内で作られたものだと推測されています。

食事から摂取する

コエンザイムQ10は食べ物にも含まれています。
イワシやイカなどの魚類、牛肉や豚肉などの肉類、ブロッコリーなどの野菜類など、多くの食べ物に含まれていて、私たちは普段から意識せずにコエンザイムQ10を摂取しています。

しかし、食事から摂るコエンザイムQ10はその吸収率が悪く、食べたうちの約6割は吸収されずにそのまま排泄されてしまいます。

健康補助食品で補う

コエンザイムQ10はサプリメントなどの健康補助食品から摂取することもできます。
サプリメントにも酸化型と還元型の2種類があり、より効率よくコエンザイムQ10を摂取したい人に選ばれているのが還元型です。
還元型は、酸化型と違って体内で変換する必要がないため、活用されやすいのです。


コエンザイムQ10についてご紹介しました。
このように、コエンザイムQ10は人間が生きるためには必要不可欠であり、積極的に摂取していきたい成分なのです。