コエンザイムQ10について知りたい!

コエンザイムQ10は男性にも効果

コエンザイムQ10は化粧品にも配合されていることから、女性向けの成分だと思われがちです。
しかし実際には男女関係なく摂取が薦められる成分であり、男性の健康維持にも期待できる効果があります。

日々の体力維持に

エネルギー生産作用

コエンザイムQ10が持つ作用のひとつがエネルギー生産です。
体力が年齢とともに落ちてしまう理由のひとつにも、コエンザイムQ10の減少があげられます。

年を重ねるごとに疲れやすくなってきた、体力が落ちてきた、と感じる方におすすめです。

慢性疲労の回復効果を実証

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出すだけではなく、疲れの回復にも効果が期待できます。

実際に、なぜだか毎日疲れている、なかなか疲れが取れない、そんな慢性疲労症候群の患者31名を対象に行った実験でも疲労回復の効果が確認されています。
実験はコエンザイムQ10を3ヶ月間、1日150mgを投与したものです。
前後の疲れに関連する自覚症状の得点や、センサーによる心拍変動などで結果を評価しました。
その結果、自覚症状の改善および自律神経の乱れを抑制できたことが確認されています。 ※1

※1 株式会社カネカ 広報室「慢性疲労症候群に対する還元型コエンザイムQ10の改善効果について」株式会社カネカ ニュースリリース(2018/03/22)

加齢臭のケアに

加齢で増す嫌なニオイ

加齢とともに男性に増える悩みのひとつが体臭です。
特に、独特の体臭である加齢臭は、40代以降の男性に多い悩みとして知られています。

加齢臭の原因は、肌表面の皮脂が酸化することで発生するノネナールです。
皮脂は誰にでもあるものですが、通常はホルモンの働きによって酸化しにくくなっています。
しかし、加齢によってホルモンバラスが崩れると皮脂が酸化しやすくなり、ノネナールによる加齢臭が出やすくなってしまうのです。

さらに、ノネナールは体内からも発生していることが判明し、体の内外に臭いの原因があることが分かりました。
このうち、コエンザイム10には体内から発生しているノネナールを抑える効果が期待されています。

加齢臭抑制効果を実証

コエンザイムQ10の加齢臭抑制については、コスメメーカーで有名な資生堂が実験を行っています。
実験は20名を対象に、コエンザイムQ10を4週間、1日100mgを摂取して、その前後の臭いの成分を分析する方法で行われました。
その結果、体内から放出されるノネナールが摂取前より2~3割減少したことが認められました。 

ちなみに実験は、高齢女性を対象に行ったものでしたが、男性にも同様の効果が期待されています。 ※2

※2 昆 梓紗「臭いもアンチエイジング!コエンザイムQ10が加齢臭に効果」日刊工業新聞(2018/04/22)

男性の妊活や不妊に

精子を活発化

近年増えているのが男性の不妊症です。
精子の動きが鈍かったり数が少なかったりと、その原因や症状はさまざまですが、この不妊症の改善にもコエンザイムQ10の効果が期待されています。

コエンザイムQ10がもつ抗酸化作用によって、精液中の抗酸化力が高まり、酸化による精子のストレスを減らせると考えられています。
また、精子の運動エネルギーのもととなるミトコンドリアが、コエンザイムQ10によって活性化することで、精子の運動力や質が向上するとも見込まれています。

男性の不妊症への効果を実証

コエンザイムQ10の精子への影響については、イタリアで実験が行われています。
6ヶ月間、1日200mgのコエンザイムQ10を摂取し、その前後で精子の状態を調べた実験です。
その結果、精子の運動率が改善したことが認められました。 ※3

また、日本では1日あたり120mgのコエンザイムQ10と、40mgのビタミンEを一緒に摂取する実験が行われています。
その結果、開始3ヶ月の時点で精子濃度や運動率の改善が確認されました。 ※3

※3 ベビーライフ研究所「コエンザイムQ10には還元型と酸化型が存在している | 男性妊活情報サイト」ヴァッシュリーブ (2018/03/22)


コエンザイムQ10は、人が生きていくために必要なエネルギー生産や、体を酸化から守る抗酸化活動を行っている成分です。
ご紹介しましたように、男性の日々の健康維持にも役立てることができます。